こんなLINEスタンプが欲しかったから自分で作ってみた。

LINEクリエイターズスタンプ

tubomibottun

こんなスタンプが欲しかったけど、売ってなかったから作ってみた。

こんにちは。ゴローです。

今回は僕がこんなスタンプあったらいいなーと思うものを実際に形にしてみました。

 

一言で言うと、心身ともに癒されるスタンプです。

 

最初は、自分が使えればいいやくらいに思っていたんですけど、作っている途中に、もしや、これはLINEスタンプ業界がひっくり返るくらいの衝撃的なスタンプになるんじゃないかと興奮してきました。

 

実際に、完成前の作品を患者さんに見せたら僕以上に鼻息を荒くして、「これ良いよ!発売されたら絶対に教えて下さいね!」と言ってくださりました。

 

 

どんなスタンプなの?

LINEスタンプって普通、友達とLINE会話をしている時に、自分の気持ちを表すユーモラスな絵のスタンプを選んで、相手をニヤリとさせるのが目的じゃないですか?

 

これって相手の心を癒やしているんですよね。

 

ユーモアな絵⇒ニヤリとさせる⇒心の癒やし

 

 

でも、もうユーモアなだけの絵ってLINEスタンプ業界ではありふれているんですよ。面白いの一杯あるし、今さら僕が作る意味が無い。

 

だから、今回僕が作ったLINEスタンプは、

ユーモアな絵×身体の不調を正すツボ。

これです。

23 これをLINEの会話に貼り付けるだけで、相手はニヤリとしつつ、ツボを実際に押さえて、心地良い体感を得ると思うんですよ。

 

ユーモアな絵×ツボ押し⇒心の癒やし×身体の癒やし

につながると思うんすよね−。

身体の癒やしがあることがミソです。

 

しかも、このスタンプ使えば使うほど、ツボに詳しくなって、自分の身体のメンテナンスも出来るようになると思うんですよね。

 

今まで本を読んでもツボの場所が覚えれなかった人もLINEスタンプを日常的に使うことで頭の中の記憶に残ります。

(寝違えの時は、たしかこのツボが良いんだよね。みたいな感じで。)

 

結構、革命的でしょ?笑

 

でも、どんなに斬新なアイディアでも実際にそのスタンプ使う機会がなかったら、意味ないですよね?

 

安心してください。

このツボ美ちゃんのスタンプの使い方は無限大なのでここで3つだけ使い方を見て妄想をふくらまして下さいまし。

 

ツボ美ちゃんスタンプの使い方

 

その1 友達が前向きになる!

hoimi

友達のやる気を一瞬で引き出せますからね。

これ友達に遠隔でホイミしたようなもんですよ。

 

 

その2 恋人の怒りが静まる!

イライラ

彼女、怒りながらも健気にツボを押したんでしょうね。

2人の別れの危機がまぬがれました。お幸せに。

 

 

その3 最悪な朝がそこそこの朝に変わる!

飲み過ぎ

 

二日酔いの朝ってこの世の地獄ですよね。

こういう辛い時って、ちょっとした友達の優しさ気遣いが身にしみますよね。

 

いかがでしょうか?

ツボ美ちゃんスタンプめっちゃ使えるでしょ。

 

まだまだ様々な場面で沢山使えますけど、くどくなるのでこの辺で辞めときます。

 

しかし、一つだけ気がかりがあります。

 

以上のように、ツボ美ちゃんスタンプは使うメリットが沢山あるんですけど、実は1つ気になることがあるんですよね。

 

それは、ツボ美ちゃんスタンプの下書きが完成した時に、甥っ子に自信満々にこのスタンプを見せた時のことですよ。

 

ふふーん。どうだい。おじちゃんすげーだろって、意気揚々とね。

(下書き)

sya

(地道にノートに描き溜めていきました。アナログでしょ。)

 

そしたら、甥っ子、ツボ美ちゃんを見て間髪入れずに、

なに?この変なたぬきのオッサン!

って言いやがったんですよ。

tanuki

 

たぬきじゃねー、耳が小さめのコアラじゃーと僕は言いたかったんですけど、まだ甥っ子が小さいから、このハイクオリティな絵のセンスが理解できないんだろうなと考えなおし、イライラを押さえるツボを押して僕は静かに怒りを沈めました。

 

でも、万が一、この記事を読んでいるあなたがツボ美ちゃんを得体の知れない変な生き物だと勘違いしてはいけないので、最後にツボ美ちゃんのプロフィールを載せておきます。

 

きっと愛着が湧いてくるはずです。

 

pro
tubomibottun

※ツボミちゃんスタンプのツボの8割は僕が実際に臨床で患者さんに使っているものを厳選して選びました。

 

1men2
2men
ゴローはこうしてツボ美ちゃんの協力を得ることに成功しました。

〜おわり〜
最後まで茶番にお付き合い頂きましてありがとうござます!

もし気に入って頂けたなら拡散してもらえるととても嬉しいです。