「めんどくさい」の壁を超える方法【解剖生理学】

スクリーンショット 2017-02-10 10.18.08

こんにちは。

ゴローです。

 

最近は、めっぽう寒いので、
お店の暖房の温度を高めに設定して、
ハワイアンミュージックをBGMに流して仕事しています。

 

まるでアロハ気分で毎日過ごしているわけですが、

環境(部屋)を整えることって本当に大事だと思うんです。

 

本当〜に。

 

 

なぜなら、
過ごす部屋次第で、「気分」が変わるからです。

 

 

僕は今までこの「気分」という得体のしれないものを舐めて過ごしてきたんですけど、

 

今では、

 

この「気分」とやらをある程度コントロールが出来れば、
あんがい色んなことが上手くいくんじゃない?と思うにいたりました。

 

 

だって、

人生を変えたいなら、行動をすることが不可欠ですが、

そこで、一番行動の壁となるものが、

「めんどくさい」という感情(負の気分)。

 

・解剖生理学の勉強するのめんどくさい→成績上がらない

・運動するのめんどくさい→痩せない

・仕事するのめんどくさい→お金が入らない

・新しいことするのめんどくさい→変わらない自分

 

てか、朝布団から出るのめんどくさい。

 

 

今、こうして文章考えるのもめんどくさい。笑

 

 

という風に、
1日のうちに何度も「めんどくさいの壁」が目の前に現われるわけですが、

その壁を壊してくれるのが「良い気分」なワケです。

 

 

つまり、
環境(部屋)を整えて、
気分を良い状態にした上で、

何かしらの作業(面倒くさいとおもっていること)をすれば、

「めんどくさいの壁」をスイッと超えられるわけです。

 

 

好きな服着たら、
心もワクワクするじゃないですか。

 

 

身体をマッサージしてもらったら、
心も軽くなるじゃないですか。

 

 

それとおんなじで
外側(部屋の片付け)からアプローチして
自分の内側(気分)をコントロールするんです。

 

 

んで、試験を控えた学生に伝えたいことは1つ。

「やる気が出ないなら勉強部屋を綺麗にするべき」です。

 

 

ここまでひっぱって、

ゴローが最後にめちゃくちゃ普通のことを言いおった!と
あなたは眉毛をへの字にしてがっかり顔をしておりますが、

 

 

いやいやいやいや、
四の五の言わずに片付けてみってことです。

 

 

気分が切り替わって、
勉強できるようになりますから。

 

もうこれは科学的に証明されてることですから。
(でたー、説得性に欠けるとき、すぐ科学的に〜とか使うヤツ)

 

 

ただし、
部屋を片付ける時間は決めておくこと。
(30分とか)

 

 

とくに、

勉強机の上は何も置いていない状態にした方が良いです。

 

 

まっさらの机の上で、
教科書を開けば、さあー勉強やるぞってなりますから。

 

 

なんでこんなに強くオススメしているかというと、

メルマガを書こう書こうと
僕は毎日毎日たいやきを焼きながら思っているのですが、

なかなか「面倒くさいの壁」が超えられなくて

行動に移せなかったのですが、

部屋を片付けて、机の上をまっさらの状態にすることで、

気持ちも切り替わって、

こうして、このメルマガを書けているわけです。

 

 

 

それが、まさに今っすわ!

 

 

 

ということで、
気分が落ち込んで勉強が出来ないって人は、
部屋を片付けて気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です