語呂を使った12脳神経の覚え方

今回は、メルマガ読者さんから

「脳神経の覚え方で何か良い方法はありますか?」

という質問が来たのでお答えしようと思います。

 

脳神経みたいな複雑で

ごちゃごちゃしたようなものは、

マインドマップにするとすっきり整理されて

頭に入ってきやすくなります。

 

今回は、私、ゴローが書いた書籍「解剖生理学 超速ゴロ勉」からマインドマップとゴロのイラストを引用して、

脳神経のゴロを紹介しようと思います。

 

 

まずは、脳神経のしくみをマインドマップにまとめます。

 

この仕組みをゴロで覚えると記憶に定着します。

 

脳神経の語呂

運動神経のみの語呂

感覚神経のみの語呂

混合神経の語呂

副交感神経の語呂

というように、

まずはマインドマップを作って整理し、

語呂で固めて覚えるという勉強法が、

一番記憶に定着するのではないかなと個人的に僕は思っております。

是非、応用して使ってみてね。

 

先ほど紹介した書籍、「超速ゴロ勉」では、

キャラクターを設定していますので、

漫画を読むような感覚でゴロが一気に覚えられます。

興味があれば、是非参考にしてみてください。

 

P.S. いつも記事が長くなってしまうので

今度から、

今回のようにサクッと読める記事も

ちょいちょい入れて行こうと思います。

 

⇒語呂合わせを使って効率的に勉強する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です