むくみの原因って何?

今日は、むくみのお話です。

 

 

実は、むくみって、

漢字で書くと、

浮腫みって書くんです。

 

イコール浮腫ですね。

現場で働いていると

この浮腫みで悩んでいる人に

毎日のように出会います。

 

で、決まって聞かれることが

何で私はむくみが起きるの?って。

 

この質問に即座に答えられるか

答えられないかで患者さんからの

信頼度が一瞬で変わります。

 

そして、たったこれだけのことで

次から心を開いて自分の話を

してくれるようになったりします。

 


Sponsored Link


 

こういった時に、

解剖生理学の知識が役に立ちますので

是非、ここは、

しっかり理解して下さい。

むくみを理解する上で大切なこと。

 

身体の水分は60%

その内、

細胞内液は40%

細胞外液は20%

と言われてます。

 

じゃー、

細胞内液と細胞外液と聞いて

具体的にイメージが出来ますか?

Zemanta Related Posts Thumbnail

 

この図を見て下さい。

Zemanta Related Posts Thumbnail

 

この血管の中の血漿部分

細胞と細胞の間の間質液

細胞外液です。

 

で、むくみって奴は、

この細胞間質液に水が過剰に貯まることです。

つまり、

図で描くとこう。

むくみ3

 

なぜ、

こんなことが起こるのかというと

血管内(毛細血管)の圧力と

細胞間質液の圧力の

バランスがくずれてしまうから。

 

で、患者さんから

『どうして私の身体は浮腫むの?』って

聞かれたら、

 

超高速で頭をフル回転させて、

この3つの要因を頭に浮かべてください。

 

1.毛細血管内の静脈圧の異常

2.血漿膠質浸透圧の異常

3.毛細血管壁の透過性の異常

 

 

はい。

ここら辺りは

試験でよく出てくる所ですね。

こんな難しい言葉を並べても

教科書と一緒なので、

次回はこれらをさらに突っ込んで、

分かりやすく説明しますね。

 

 

専門用語のままを患者さんに

伝えてもポカーンとした顔

されるだけですから。笑

 

⇒続きはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です