解剖生理学ノートのまとめ方で成績が上がる

notem

 

今回は確実に今後の成績を伸ばす方法についてお話ししようと思います。

実際に僕が学生の時に実践していた方法です。

聞いたら、なーんだって思うかもしれませんけど、意外と実践している人がいないんですよね。

すごく効果あるのに。。。

 

成績を確実に伸ばす方法はいたってシンプルです。

問題集や過去問を解いて間違えた問題を次回は解けるようにすれば良いだけ。

 

ということはですよ。

自分が間違えた問題を集めて、それを理解できるまでくりかえし解けば良いのです。

この間違えた問題を集めるってのがポイントです。

間違えた問題だけを集めたノートを1冊作りましょう。

 

題して「弱点ノート」

 

ノートの作り方はとっても簡単。

note

 

①ページの真ん中に線を引く

②ページの左側に間違えた問題を書く。

③ページ右側には自分で調べて納得した解説を書く。

これだけです。

 

自分が思っている以上に、1度間違えた問題って何度も間違えますからね。弱点ってやっぱり人それぞれあるんですよ。

なので、弱点ノート一冊こしらえてください。

このノート卒業するまで役に立ちますよ。

なにしろ、自分の弱点がつまったノートですから。

弱点を克服したら、確実に成績は上がりますよね。一番ダメなのは自分が苦手な所から目を背けて放ったらかし、それがチリとなって山のように積もることです。

 

ちなみに、③の自分で調べて納得した解説を書くには、自分でなぜそうなるのか論理的に考えることが大切です。

考え方は、この記事を参考にしてみてください。

⇒矢印を使って論理的に考える。

 

この苦手ノート、1教科に1冊作るのが理想なんですけど、多くなったらかさばるし、めんどくさくなるので、ルーズリーフでタグを使って教科ごとに区切るのが良いと思います。

スクリーンショット-2015-09-17-11.18.42

 

すっごくシンプルな方法ですけど、これは効果バツグンですよ。是非、これを機会に弱点ノートを作ってみてはいかがでしょうか?

 

P.S.

ちなみに僕は過去問(国試)の間違えた所だけ集めた国試対策ノートを作りました。これ3年生の春から作ったんですけど、いやー、役に立ちましたね−

 

2 Comments

小玉織衣

ゴローさんこんにちは!
超速ゴロ勉を毎日のバスタイムで楽しく学んでます!
私はいま看護学生で授業で内分泌を学んだばかりで、授業のおさらいもかねて、内分泌セミナーをやってみました!
頭の中がスッキリ整理されてく感じで
自分がどこがわかっていないかが
よくわかりました!
これ得意分野にしたいので1年生のあいだにがんばります

返信する
ゴロー

小玉さん、こんにちは。
ゴローです。
内分泌セミナーの動画も受講してくれたんですね!
ありがとうございます。
セミナー動画をしっかり吸収してくれているみたいで嬉しいです。
是非とも、内分泌を自分の得意分野にしてください。
わざわざコメント書いてくれてありがとう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です