医療学生にオススメしたい傑作アプリ「付箋メモ帳!QuickMemo」

お久しぶりの更新です。

ゴローです。

 

今回は、めっちゃ良いアプリを見つけましたので、

「これは学生諸君に伝えないといかん!」という使命にかられ、仕事の合間に記事を書いております。

 

「勉強しようにもやる気が起きない。」

「いつもLINEポコポコの誘惑に負けてしまう。」というあなたにこそ読んで欲しいと思います。

 

学校の勉強って、

やれば必ず成績は上がるはずなんですけど、やれない。

 

だって、面倒くさいから。

 

勉強机の前に座って、さあ〜勉強始めるぞといって、

教科書を開いて、

「今日は、何から勉強していこうかなー?」

「迷うな〜」

「・・・面倒くさいな。」

「ちょっと、LINEポコポコ1回してから勉強しよ。」

 

(ポコポコに夢中になってしまう。)

 

「あっ!いつの間にか1時間経ってた。」

「何か疲れたな。明日、勉強すれば良いっか!」

 

と、こんなループにあなたはハマっていないだろうか。

 

1度、ポコポコ地獄にハマってしまうと抜け出せないんですよ。

 

これは、あなたがルーズでダメなわけじゃないんです。

 

悪いのは、ポコタです。

 

よくよく見たら、コイツの目やばくないですか?

usa

目笑ってないから。

平気で人を騙しそうな顔しているでしょ。

 

 

で、試験対策の前に、まずはポコポコ対策が必要なんですけど、

そこで自己管理能力を高めるアプリがこちらです。

 

<付箋メモ帳!QuickMemo+>

スクリーンショット 2016 12 29 13 25 15

https://itunes.apple.com/jp/app/id513272765?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

 

僕はメルマガで何度も伝えておりますが、

机の前に座って、何の勉強しようかな−と悩んでいる時間が一番無駄だと思ってます。

 

というか、

その悩んでいる時間は、何も生み出してないにも関わらず、エネルギーが消耗しまくっています。

 

まだ勉強やってもないのに、

何しようか考えているだけで疲れたって経験ないですか?

 

 

それだったら、朝起きてでも、学校にいる間でも良いんですけど、

ちょっとした空き時間に、

「今日やるべき事(勉強)」を全て書き出しておくことが大事です。(5分くらいあったら作れるでしょ?)

to do リストってやつですね。

 

 

これを作っておけば、

机に座った瞬間、やるべき事が明確になっているので、勉強にすぐ取りかかれるわけです。

 

 

勉強が一段落ついて、休憩しても、

また次の勉強にすぐ取りかかれるわけです。

次にやるべき事も分かってますからね。

(休憩後に次は何しようかと悩むとまた疲れますよね。)

 

 

そこで、to do リストを作るには、

今までiPhoneのリマインダーというアプリを勧めていたんですが、

何か、このアプリ、デザインがあんま良くないんですよね。

機能的だけど、面白くない。

ていうか、ワクワクしない。

 

結果、だんだんアプリを開かなくなるんですよ。

to do リストを作っているのに、そのアプリを開くのを忘れてしまう。

これが一番良くない。

 

 

でも、さきほど紹介したQUICKMEMOは、なんか使っていてワクワクするんですよね。

デザインも良いし、付箋がアナログ的で良い感じだし。

毎日使うアプリは、こういったちょっとしたわくわく感がすごく大事だと思うんです。

 

 

で、使い方は、こちらの動画を見てもらえばすぐわかります。

 

 

ここからは、ぼくがおすすめする使い方を3つだけ紹介しようと思います。

 

優先順位順に付箋を並べ替える

IMG 2846

優先順位順に付箋を並べ替える。

 

このアプリの良いところは、付箋を自由に動かせること。

何から優先してやるべきかを明確にすることは、ホント大事です。

 

あと、横にスライドすると次のページに切り替わりますので、

トップページは、「今日中にやること」

次のページは、「急がないけどやらなければならないこと」

みたいに、分けて使うのもありですね。ありありです。

 

 

壁紙にする

絶対、忘れてはいけないこと、やらなければならないことは、壁紙にすれば良いと思います。

この情報過多の時代、忘れっぽくなるじゃないですか。

ただでさえ、学生は、頭が医療用語でパンパンだし。

 

そんな時は、このQUICKMEMOの画面をキャプチャーにして、

iPhoneの待受画面(ロック時)にしときましょう。

IMG 2848

スマホを触るたびに、この画面が表示されてやるべき事を思い出しますよ。

(このご時世、スマホを1日触らないってことはないでしょ。)

思っている以上に人は忘れやすい生き物なのです。

 

※特に国試を控えている人は、毎日今日やることを付箋にして、待受画面にしとけば、かなり無駄な時間は減らせるはず。

 

<待受の仕方>

IMG 2852

「写真」を開いて、「壁紙に設定」をクリック。

 

IMG 2853

「設定」をクリック(静止画を選ぶ)

 

IMG 2847

「ロック中の画面に設定」

 

10秒あれば出来ますよ^^

 

 

 

モチベーション維持法

ひとってご褒美があるとそこそこ頑張れるもんなんです。

試験前の勉強が苦しい時、

「試験後にやりたいこと」を付箋や写真でペタペタ貼っておけば良いです。

この苦しみを乗り越えた後は、「パラダイスが待っとるんじゃわ」と思えれば頑張れるでしょ。

 

頭で想像するより、目で見えるようにしておく方が効果的。

なんなら、試験前は、これを待受にしてても良いですよね。

FullSizeRender 27

 

 

まとめ

他にも色々と使い方はあるので、工夫してみて下さい。

どうかポコポコの誘惑に負けず、勉強をがんばってください。

勉強を頑張れる、頑張れないもちょっとした工夫でどうにかなるもんです。

というわけで、今回オススメのアプリを紹介しました。

では、良いお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です