パーキンソン病の症状4徴候の覚え方。絵と語呂

こんにちは。ゴローです。

今回も一瞬で記憶に焼き付ける方法を紹介しようと思います。

ひっかけ問題とはどういうものかという視点が手に入りますんで、最後まで読んでみてください。

 

では、いつものように問題を解いてみましょう。

【頻出問題】

パーキンソン病の典型的な症状として適切でないものはどれか?

1.何かしようとした時に手が震える

2.動きがおそくなる

3.体のバランスがとりづらくなる

4.筋肉が硬くなる

 

今回の問題は少しひねりがあります。

でも、鉄板のひねり方なのでよく出題されます。

 

どのようにひねられているかそれも含めて覚えて、また1段レベルアップしましょう。


Sponsored Link


はい。ではシンキングタイム終了です。

この問題を解くことができたでしょうか?

 

まず、この問題は何を問うてるのでしょう。

そうです。パーキンソン病の4徴候です。

 

この問題の出題者は、もちろんパーキンソン病の4徴候は覚えてるよね?その上でひねりをきかせてもらうよ。と考えているわけです。

 

なので、パーキンソン病の4徴候は覚えたことを前提でさらに一歩深く問うてきてるんですよ。国試では鉄板の出題の仕方ですね。

 

では、パーキンソン病の4徴候を覚えていない人は、この際、一瞬で覚えてやりましょうよ。

では、さきほど作成した語呂絵を貼り付けときます。

紳士

パーキンソン病の4徴候は、これです。

(こんな紳士の店員がスーパーで働いてたら、このレジだけめっちゃおばさま達が群がるよね。でも、パートなんだって。超ミステリアスな人やわぁ。)

みたいな感じで、ストーリーも一緒に覚えるとなおさら記憶に残ります。

ストーリー記憶ってやつですね。

 

ストーリー記憶は、自分が覚えやすいように勝手に妄想して良いんですよ。

 

さてさて、このパーキンソン病の4徴候を覚えた上で、さきほどの問題を振り返ってみましょう。

すると、このように当てはめることができます。

 

【頻出問題】

パーキンソン病の典型的な症状として適切でないものはどれか?

1.何かしようとした時に手が震える(振戦)

2.動きがおそくなる(無動)

3.体のバランスがとりづらくなる(姿勢反射障害)

4.筋肉が硬くなる(筋固縮)

 

あら?

全部当てはまるぞ!全部正解じゃないのか?と思うじゃないですか?

簡単な問題なら明らかに1つ違うものがあるんですけどね。

 

ここでやってしまいがちなのが、無動を動かないものと捉えてしまい、2の動きがおそくなるを選んでしまうこと。

でも、無動は全ての動作が遅くなることを言うんですね。

だから、これは適切なので✕。

 

では、答えはどれなのかというと、1の何かしようとした時に手が震えるです。

実は、これって振戦なのですが、企画振戦というやつなんですね。

企画振戦は小脳の障害で現れる症状です。

 

パーキン病に現れる振戦は安静時振戦です。

これは何もしないでじっとしている時に現れる振戦です。

このひっかけ問題すごく出題されるので覚えて下さい。

  • 企画振戦⇒小脳の障害
  • 安静時振戦⇒パーキンソン病

 

覚え方は、またこじつけなんですけど、

さきほど見た語呂絵に情報を付け加えて、

「パート勤務の安全な紳士」と覚えときましょうか?

もちろん、安全な紳・・・安静時振戦のことですよ。

 

ストーリー記憶としては、

(あの紳士、おばさま達にモテるけど、絶対にお客さんには手を出さないのよね。そこが、また紳士やわぁ。)

とイメージをつけ加えておきましょう。

 

今回はひねりをきかせた問題を深堀りして解説しました。

 

試験問題を答え合わせする時に、ひねり方にも意識を向けることで、さらに得られる知識が増えるでしょう。

 

僕が成績を上げるのは、問題をひたすら解くのが手っ取り早いというのは、こういったひねった問題にひねられた経験を沢山積めるからです。

ひねられたら記憶に残りますからね。

 

教科書をしっかり読んで準備が万全で問題を解く人は、意外とこういった問題につまずいたりします。

 

どうせ、ひねられるなら早いほうが良いよってことです。

効率的な勉強法とは、言うなれば、短期的に成長するってことです。

早いうちに沢山失敗して、どんどん成長しましょう。

大事な試験でひねられないようにね。

 

と言ってもあくまで僕の考え方ですので、気に入ったら、是非こういった視点も取り入れてみてください。

 

 

P.S.

最近、Facebook(解剖生理学ページ)からのアクセスが増えてきてます。

今日の記事が役に立ったなら、よければ「いいね!」お願いします。

励みになります。笑

⇒Facebookの解剖生理学ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です